肌を傷めないクレンジング

正しい方法でお肌を痛めないクレンジングを

毎日行うクレンジングですが、正しく行わないとお肌を痛めてしまうことになるんです。せっかくお肌に気を使い高価なスキンケアを使っていてもクレンジングが間違っているせいで効果がなかったというのはとっても勿体無いことです。

 

まずはたっぷりの量を使うという事です。そろそろ少なくなってきたから・・・なんてケチってクレンジングをしても肌をゴシゴシ擦ってしまってはダメなのです。かえって摩擦が刺激になりシミやしわなどの肌荒れの原因になってしまうのです。

 

落とす順番は肌の弱い目元・口元部分を最後にします。

 

たっぷりの量のクレンジングを肌になじませたら手早くぬるま湯で流してください!しっかりメイクを落としてくれるクレンジングは無くてはならないものですが、実際には肌への刺激は強めです。たっぷりの量のクレンジングで一気にメイクを浮かせたら短時間で流してしまいましょう。このときに熱いお湯を使うと肌に必要な潤いまで流してしまう為、必ずぬるま湯で流す事です。

 

これだけでお肌が甦る事もありますのでまずはお肌を痛めないクレンジングを実践してみましょう。