肌を傷めないクレンジング

しっかりと泡をたてることが大切です

肌を傷めないクレンジングには、こすらなくてもいいクレンジング剤を使うことが必要です。

例えば、ファンケルのマイルドクレンジングオイルなどは、肌に馴染ませるだけでメイクが落ちるので、肌を傷めることがありません。濡れた手で使ってもいいところがいいです。

オイルクレンジングが嫌な人には、ジェルクレンジングがお勧めです。

アウェイクのミネラルホットクレンズは肌を傷めません。

ジェル状のクレンジングを顔に延ばしてマッサージすると、顔が温かくなって、とっても気持ちがいいです。そして、クレンジングがメイクと馴染んだら、感触が緩くなりますから、そうなったら、ぬるま湯で洗い流します。

洗顔石鹸は泡立てネットなどを使ってしっかりと濃密でクリーミーな泡を立てることが大切です。

そして、泡でマッサージするような感じで洗顔することが大切です。泡が濃密だと毛穴までしっかりと洗顔することが出来ますので、肌を傷めることなく肌をきれいにすることが出来ます。