肌を傷めないクレンジング

クレンジングはこすらず手早く!

クレンジングはどれだけ気をつけてもある程度肌に負担がかかってしまうものです。

肌をなるべく痛めずにクレンジングをするにはどのような点に気をつければいいのかまとめてみました。

 

1つ目はこすらずに落とすということです。

クレンジングに限らず摩擦は肌を痛める原因です。

こするのではなく、指の腹で優しく押すようにしてメイクを落としましょう。

 

2つ目はあまり時間をかけずにクレンジングするということです。

クレンジング剤には界面活性剤が含まれているものが多いですが、それを肌に長い時間付けておくのはあまり良いことではありません。

こすらず丁寧にを心がけるあまり時間を無駄にかけてしまうということが無いようにしたいものです。

 

3つ目はメイクの濃さによってクレンジング剤を使い分けるということです。

マスカラを落とせるクレンジングオイルで他の部分もついでに…という風にやってしまうと、お肌を痛める原因になります。

メイクの濃い部分にはポイントメイクリムーバーなどを上手に使い分けましょう。